ホーム

学会案内

  • 概要
  • 会長挨拶
  • 規約
  • 役員
  • 学術大会
  • 学術大会
  • 入会案内
  • テキストの案内
  • 事務局・連絡先
  • NCT Letter

一般の方へ

  • 中性子捕捉療法とは(一般の方へ)
  • 中性子捕捉療法とは(より詳しく知りたい方へ)
  • 医療機関と窓口
  • お問い合わせ

認定医

JSNCT 新認定医資格基準

1)2015年7月1日付で、旧認定医資格基準を充たして、認定を受けた者。

2)KUR、JRR4 もしくは加速器中性子源を用いた臨床研究、臨床試験(治験を含む)にNCT 主治医として照射計画書申請した経験を5例以上有する者(企業治験の場合は治験責任医師として治療計画や患者follow-up に積極的に参画した者)。

3)あるいは、上記JSNCT 認定医指導の下、中性子照射申請書に患者主治医もしくは主治医団として記載され、5名以上の中性子照射の現場に立ち会い、患者の追跡にも主体的に関与した者。

4)2、3)に加え、当委員会による記述式試験と面接試験を受験し、JSNCT 認定医として相応しいと認定された者。

5)放射線治療専門医資格を有する者であること。もしくは各腫瘍組織・部位に関連した学会認定・専門医資格を有する者であり、かつ照射に際しては所属施設の放射線腫瘍(専門)医の協力が得られる環境にいる者。ここで言う「協力」とは臨床研究、治験等への組み込み、実際の照射、フォローアップにおいて積極的な参加、助言をさすものとする。

6)認定医取得前に1回、また認定医取得後、5年に一回は本学会が主催するNCT 版医学物理士(WG)ならびに、治療計画標準化WG 等が主催する講習会に参加することを義務つける。万一参加できなかった折には各WG 責任者と相談の上、別途講習を受けるものとする。

7)認定医取得後は直近の5年間に2回の学会参加を義務つける。これを怠った場合は警告を与え、2回の警告にも係らず、不参加の場合は認定医資格を返上したものとみなす。

  • 2017年3月1日制定

認定医一覧 (2017年10月1日現在26名)

認定医
番号
氏名 専門分野 所属
1 小野 公二 他の主治医が扱わない疾患 京都大学原子炉実験所
2 今堀 良夫 脳腫瘍 株式会社CICS
3 中川 義信 脳腫瘍 小児脳腫瘍 四国こどもとおとなの医療センター
4 平塚 純一 悪性黒色腫、頭頸部腫瘍 川崎医科大学・放射線科(治療)
5 宮武 伸一 悪性グリオーマ、悪性髄膜腫 大阪医科大学・がんセンター
6 松村 明 脳腫瘍(悪性神経膠腫、髄膜腫) 筑波大学・脳神経外科
7 増永 慎一郎 他の主治医が扱わない疾患 京都大学原子炉実験所・放射線生命科学研究部門粒子線生物学研究分野
8 加藤 逸郎 口腔がん、頭頸部癌 大阪大学大学院歯学研究科・顎口腔病因病態制御学講座 口腔外科学第二教室
9 柳衛 宏宣 乳癌、肝臓癌(直腸癌) 東京大学大学院・工学系研究科
10 影治 照喜 脳腫瘍 徳島県立海部病院
11 鈴木 実 他の主治医が扱わない疾患 京都大学原子炉実験所・ 粒子線腫瘍学研究センター
12 山本 哲哉 脳腫瘍 筑波大学附属病院・脳神経外科
13 粟飯原 輝人 頭頸部癌 筑波大学附属病院・陽子線医学利用研究センター
14 川端 信司 脳腫瘍 大阪医科大学・脳神経外科
15 中井 啓 悪性脳腫瘍 筑波大学医学医療系・脳神経外科
16 近藤 夏子 脳腫瘍 京都大学原子炉実験所・粒子線腫瘍学研究センター
17 平松 亮 脳腫瘍 大阪医科大学・脳神経外科
18 楢林 正流 他の主治医が扱わない疾患 京都大学原子炉実験所・ 粒子線腫瘍学研究センター
19 高垣 雅緒 脳腫瘍 藍野大学短期大学部
20 森田 倫正 頭頸部癌 川崎医科大学・耳鼻咽喉科
21 道上 宏之 脳腫瘍等 岡山大学中性子医療研究センター
22 廣瀬 勝己 固形がん 脳神経疾患研究所附属南東北BNCT研究センター
23 藤田 祐生 口腔がん 市立豊中病院 歯科口腔外科
24 髙井 良尋 固形がん 脳神経疾患研究所附属南東北BNCT研究センター
25 後藤 博美 脳腫瘍 脳神経疾患研究所附属総合南東北病院
26 大前 政利 口腔がん・頭頸部癌 りんくう総合医療センター 口腔外科